天使と戦士はどっちかな?

今や看護師の白衣姿もスラックススタイルが主流。いつの間にワンピーススタイルから変化したのだろうか。でも実際着て見るとスラックスも動きやすくて良い物である。制服のスタイルが変わっても白衣である事は変わらない。白衣の購入じは、もっぱら用度課に注文するのですが、いつもネットで検索してかわいいものを看護師長へリクエストします。けっこうデザイはバリエーション豊かなんですよ。昔、看護師は白衣の天使と崇められていたものだが、今は天使ではなく戦士と揶揄する人がいる。これは上手い例えだと思っている。イメージだけで看護師を見ていると確かに天使だ。自分も病院へ勤める前まではそう思っていた。しかし実際看護師を身近に見ていると天使でいるのは患者の前だけであって、それ以外は普通と言うかとにかく逞しい。患者からのセクハラは日常茶飯事と言う看護師も居るが、それは本当にやめてあげて欲しいと思う。ただでさえストレスフルな看護業務なのだ。セクハラ患者が裏で何を言われているか変なあだ名を付けられるのがオチである。

看護師の中には常に心構えは白衣の天使でありたいと思っている人もいる。特に看護師を志している若い女の子にはそんな自分を想像して心をときめかせている子もいると思う。しかし理想と現実のギャップと言うものは実際働いてみないと見えて来ないもので、天使になる筈が戦士になってしまったと途方に暮れる事もある。しかしわたしは天使より戦士の方が頼もしくて好感が持てると思う。実際天使でいるよりも戦士でいる自分が好きと言う看護師もいると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です